FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

「Let It Be」というと、ビートルズの代表曲の1つですよね。何回か聴くとすぐに飽きるんだけど、何年経っても、たまには聴きたくなる、そんな曲です。

手元にある「Let It Be」。
プレゼンテーション1
これはMP3だけど、Flacももちろんあるよ。

一番上、(stereo LP)とは、元々LPレコードに収録されていたバージョン。フィル・スペクターのプロデュース、現在のCDアルバム『Let It Be』で聞けます。その下、(stereo single)とは、元々シングルレコードに収録されていたバージョン。ジョージ・マーティンのプロデュース、現在のCDアルバム『パスト・マスターズ』やCDシングルで聞けます。

両者は、全く編集が違います。これは、誰が聞いても一聴して違いが分かるでしょう。それくらい大きな違いがあるんで、興味のある人は両方を聴いてみて下さい。ビートルズの楽曲の「バージョン違い学」に入っていくには最も良い素材でしょうか。

これらの普通に聴ける「Let It Be」には、驚くことに、ジョン・レノンがレコーディングに参加していません。ビートルズの代表曲である「Let It Be」にジョン・レノンは、参加していないのです。正確に言うと、レコーディングには参加したのですが、ジョンの演奏とボーカルは、製品盤には含まれていません。これ、豆知識な。

以上、CD屋に行けば、誰でも買える「Let It Be」。

以下、マニアックな「Let It Be」。

上から3つ目、acetate 1というのは、グリン・ジョーンズがプロデュースしたアルバム『ゲット・バック』に収録されていた物。このアルバム『ゲット・バック』は、1969年1月にアセテート盤がカットされ、ラジオでは放送されたようですが、最終的に未発売に終わります。その下、acetate 3というのは、同じくグリン・ジョーンズのプロデュースで、タイトルも同じ『ゲット・バック』に収録。1969年5月にアセテートがカットされています。このアルバムも同様に未発売。

私は、これらのアルバム『ゲット・バック』が、結構好きです。正直言って、発売されたアルバム『Let It Be』より、はるかに良い。2003年に発売されたリミックスアルバム『Let It Be... Naked』は、2種類のグリン・ジョーンズ版を長年聴いた者に言わせると、音質は強烈に良いものの、“不自然”に尽きます。『Let It Be... Naked』は、最新デジタル技術の良い面と悪い面の両方が出た気がするな。

「Let It Be」が好きな人には、ぜひこのグリン・ジョーンズ版を聞いて欲しいな。

その下、(both guitar solos)というのは、正式に発売されたシングルバージョンとアルバムバージョンを合成した物。これは、海賊版製造業者が勝手に作った物なので価値は無いですが、まぁ面白い。

さらにその下、Let It Be の次に番号が付いた物は、全てパープルチックレーベルの『A/B Road』から、Let It Beだけを抜き出したもの。『A/B Road』は、今のところゲットバックセッションの集大成と言って良いと思います。全部で、CDにしたら90枚近い。正直に言うと、未だに全部聴いていません。『A/B Road』は、私がビートルズの音源コレクションを挫折するきっかけになった音源でもあります^_^;)

Beatles-ABRoad-2-1-front.jpg
『A/B Road』。BGMとして、延々と部屋に流すには良いのかも。

関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/623-a30738fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック