FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

ちょっとビックリしたのは、
アロハ、TシャツもOK…環境省が超クールビズ
お役所でTシャツにジーンズがOKなのかよ!私のバンコクにおける普段の通勤スタイルは、オクスフォードのボタンダウンにジーンズなんで、私も普段の格好で環境省行けますね!

私はジーンズ大好きです。今回の超クールビズでお役所にジーンズが認められたのは、何かジーンズのステータスが上がったような気がして、ジーンズファンとしては超うれしい!

ただ、どんなジーンズでも良い訳ではなく、上の報道によると、『ジーンズは、破れてだらしないものは認められないが、「節度ある着用であれば問題ない」(国民生活対策室)とする。』との事。前にも書きましたが、私のバンコクにおける普段の通勤は、ジーンズにオクスフォードのボタンダウンです。

では、ここで、私の手持ちのジーンズの中で、超クールビズに合格するジーンズはどれか?検証してみましょう。あ、今回は写真多いよ。

1)あまり色落ちしていない
P1020782.jpg
これらは大丈夫でしょう。まだ、ほとんど色落ちしてないんで、もちろん破れもありません。

2)色落ちしている
P1020784.jpg
右から、2-1)501XXの1937年モデル日本リーバイス社製レプリカ、2-2)551ZXXの米国リーバイス社製レプリカ、2-3)501XXの1937年モデル米国リーバイス社製レプリカ、2-4)こちらで古着で買った517。では、詳しく見ていきましょう。

2-1)501XX1937年モデル(日本製)
P1020787.jpg
まだまだこれからって感じなんだけどさ、結構“ワイルド感”は出てますよ・・・コレをオフィスに履いていけるか?はビミョウだなぁ・・・。

2-2)551ZXX(米国製)
P1020788.jpg
そこそこ履き込んでます。もうデニム地もかなりしなやかになってます。でも、ジーンズとしては、まだまだ履ける感じ。ただね・・・、

P1020793.jpg
左:右前ポケット下がほつれてる!
右:後ろポケットの隠しリベット上がほつれてる!
・・・これらのほつれが「破れ」と判断されたら、これらのジーンズはNGですね。

2-3)501XX1937年モデル(米国製)
P1020795.jpg
これ、どうだろう?ジーンズを普通に履いていくとこうなる、という典型です。

このジーンズね、何ヶ所か破れてたんだけど・・・
P1020797.jpg
修理しました!写真で分かるかな?写真真ん中、破れたのを修理してるんです。破れて修理したジーンズは・・・OKなのかな???

2-4)古着で買った517
P1020798.jpg
コレは、私が履き込んだものではなく、古着で買ったもの。コレだけ色が落ちているのに、破れは無い。って事は・・・OKなのかな??? もちろん、新品でもコレくらい色落ちしたジーンズもあるしね。ただね、コレをオフィスに着ていく時に、上に何合わせる???白系のポロシャツとか、Tシャツは全くアリやと思う。ただな、全身白系っちゅうのは、イイ男やないとダメや。このジーンズに真っ白のポロシャツに、真っ白が入ったサドルオクスフォードとかは、相当カッコ良いと思う。けど、よっぽどイイ男やないとダメやろ・・・ビジネスシーンじゃなくても。ちなみにオレがそんなカッコしたら、どこからどう見てもお笑い系だ-_-;)

というわけで、今、バンコクで私が仕事に履いていくジーンズは1)のみです。私の基準は、ごくシンプルです。「オクスフォードのボタンダウンにネクタイを絞めて、紺ブレを羽織っても違和感の無いジーンズ」。どうだろう?
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/654-ba64ceb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック