FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

1本目のリーバイス517はこちら、2本目がこちら、そして今回が3本目。コレも場所はウィークエンドマーケット(チャトチャックマーケット)。これは実に不思議な517だ。

P1020860.jpg
ごく普通のリーバイス517です。コレも古着ですが、もしかしたら、今日本で売られているモデルかもしれません。

P1020855.jpg
コレね、生地が全く面白くないんです。ぺたーんとした感じで、レプリカの生地とは対極にある感じ。まぁ、最近ではこういう生地のほうがウケるんだろうね、たぶん。それでいて、縦糸の太さには比較的ムラがあるんで、縦落ちはするかもしれませんけど。まぁ、ジーンズ好きには、この写真からでも、生地の「面白くない度」が伝わることでしょう。

P1020858.jpg
一番擦れ易い真後ろのベルトループにも、その下の縫い目の十字路にも、ほとんど擦れた跡がありません。と言う事は、ほとんど履かれてないですね。古着ですが、新品に近いようです。

P1020872.jpg
裾にも若干の擦れがあるだけ。やっぱりほとんど履かれていないですね。ちなみに、外側シームは脇割り縫い、内側シームはインターロック。つまり現行の501と一緒。最も簡略化された縫製なんで、やっぱりこれが今新品で売られている517なんじゃないかな?

P1020861.jpg
ベトナムメイドの日本リーバイス社製。

でね、何が不思議かと言いますと、そのサイズなんです。一番上の写真を見てください。ウェストサイズ28インチですよ。私が今履くのは30インチ。ジーンズの28インチというのは、一般的に男物の最小サイズです。何でこんなモノを買ったのかと言うと・・・

ある店で、おっちゃんに声をかける、 
 私「517ある?サイズは30」
 店「あるよ!え~っと・・・」
店のおっちゃんは、雑然とした在庫の山をかき分ける。
 店「これどうだ?色も濃いし。」
おっちゃんが出してきたのが、この517なのだ。パッチを見ると、サイズは28インチ。
 私「イヤ、あの、オレが欲しいのは30インチなんだよ。28はどう考えても小さくて履けないから」
 店「コレな、実寸30だから大丈夫だって!」
中古ジーンズ屋というのは、日本でもそうかもしれませんが、パッチやラベルに表記されたサイズを重視しません。古着のジーンズというのは、長い年月の間に、モデルによっては縮む物あり、逆に伸びる物もあるからです。だから、タイ(カンボジアと言うべきか?)の場合は、右後ろポケットに紙テープを張って実サイズを書いてます。しかし、経験的にリーバイスのジーンズが、実測で2インチ伸びることはまず無い。
 私「無理、無理、30は無いの?」
 店「大丈夫だって、ホラ!」
と言って、おっちゃん、メジャーを出してきてウェストサイズを測る。
 店「ほらな!30だろ?」
・・・確かに30だ。まぢで??? 家から持ってきた普段履いている30インチの517とサイズを比べる。あ、こういった市場の古着屋では、試着できないんで(もっとも人前でパンツ姿になってる西洋人も見かけるけどね^_^;)、普段履いている物とサイズを比べるのが一番です。すると・・・ピッタり一緒。何でだ???

良く分からんけど、お買い上げ。値段は、言い値1,000バーツを600バーツ(約1,609円)に値切った。1,000を600に値切ったら十分?イヤそうじゃないんです。間違って高く買ってしまいました。要は交渉に失敗したんです。市場における交渉については、またいつか書きましょう。今のところ、ウィークエンドマーケット(チャトチャックマーケット)におけるこの手のリーバイス(オリジナルビンテージやレプリカでない)の末端価格底値は、400バーツ位か?と思ってるんだけど、どうだろう?

家に帰って改めて比べてみたんですが・・・
P1020865.jpg
奥:私が10数年前に日本で買った517の30インチ、もうタグの表記が消えてしまって生産国不明
中:こちらの517の30インチ、中国製
手前:今回買った517の28インチ、ベトナム製

ね?今回買った28インチは、実寸で30インチなんです。これって、どいう事???どんなに洗おうが、時間が経とうが、2インチも伸びるはずが無い。

???。しかも今回買った28インチは、見る限りあまり履かれていません。ということは、それほど洗われてもいないでしょう。

・・・・・・思うにね、コレって、比較的最近ベトナムで製造されたけど、30インチの物に間違って28インチ表記のパッチを付けちゃったから、製造ラインではじかれて、いわゆる不良品扱いで市場に出なかった物が、回りまわって、バンコクに流れ着いたんじゃないかなぁ・・・。

ま、いずれにしても、コレはほとんど色落ちしてないから、スーパークールビズでは、仕事に履いて行けるね。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/659-4b699cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック