FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/04

私はこれまでの人生で、自分は脚が短いと信じて疑わなかった。ジーンズを買った時に裾上げをする。そら、もう半端なく切られます。我ながら、もったいねーなぁ・・・と思うほど。ジーンズを切らずに履ける人って、たまにいるじゃないですか。私には信じられなかった。

でもね、バンコクで古着を漁ってると、短すぎて履けないヤツが少なからずあるんです。今のところ、ウィークエンド・マーケット(チャトチャック・マーケット)では、おそらくは日本から来たんだろうなぁ、と思える古着が多い。で、結構良い感じなんだけど、短すぎて購入を断念するものが結構あるんです。オレが、短すぎて履けないって、前オーナーは、どんだけ脚短かったんだよ・・と思っていたんだが、そういう物が結構ある。

オレって、別に脚短くはないんじゃねーか!?最近そう思ってます。・・・・・・イヤ、別にだから何ってわけじゃないんだけどね。

例によって、ウィークエンド・マーケット(チャトチャック・マーケット、JJ)。
 私 「リーバイスの517、30インチ」
 おっちゃん 「これどうだ?」
P1030391.jpg
状態は悪くなさそうだね。

P1030397.jpg
ウェスト29インチ、レングス32インチ。

私はウェスト30なんだが・・・店にあった別の517-03の30インチと比べると、ぴったり。あぁ、んじゃ履けるかな。状態悪くないし、買うか?
 私 「いくら?」
 お 「1,700バーツだよ」
 私 「はぁ?」
1,700バーツと言えば、約4,468円である。意味分かんないんですけど?
 私 「何でそんなに高いの???」
 お 「ビッグEだから」
へぇ?517にビッグEなんてあるのか???時代的に。

でも、見たら・・・
P1030396.jpg
確かにビッグEだ。

って事は、これ、ビンテージなの???ホントにビッグE時代の517なんてあるんだったら、その言い値で買うよ・・・。でも、ここでピン!と来た。んで、内側のタグを見る。

なるほど。これは、米国メイドの日本リーバイス社製レプリカなのだ。見慣れたタグが付いている。へぇ、レプリカがあるって事は、オリジナルの517にもビッグEがあったんだね。知りませんでした。タグを読むと、どうも1999年3月の米国バレンシア工場製造。正直、517のレプリカが発売されていたというのも知らなかった。

 私 「これさぁ、レプリカじゃん・・・安くしてよ!」
 お 「ノー、ノー、リーバイス、オリジナル!メイド・イン・USA!」
おっちゃんは、『オリジナル』、『メイド・イン・USA』を繰り返す。イヤ、確かにさ、米国リーバイス社製造の本物なんだけどさ・・・このおっちゃんが、オリジナルビンテージのビッグEとレプリカが区別できているのか?最後まで分からず-_-;)

で、値段は、かなり頑張ったんだが、1,200バーツ(約3,154円)から下がらなかった。

裾上げはされておらず、32インチがオリジナルのチェーンステッチで残っています。でもね、
P1030394.jpg
前のオーナーは、引きずって歩いてたようで、左右共に修理跡がありました。私は517の場合、ジャストサイズがレングス30インチ+なんですが、おそらくこの修理跡からすると、前オーナーも、私と同じくらいの脚の長さだったんでしょう。

ちょうど、修理跡くらいでカットして裾上げすると、ジャストサイズになるんですが、さてどうしましょう? こういった修理跡は、このジーンズの魅力を減ずるものでは全くない。裾を切るのはもったいないかな?

そんでね。このジーンズ、問題は裾よりお尻! ウェストはジャストサイズか若干余裕があるんだけど、お尻がぴちぴち!!!これは・・・街を歩くにはちょっと厳しい。んで、ヨーロッパ方面の人に、『お尻小さくなりたいんだけど、どうしたら良いかな?』って聞いたら、『何、女子高生みたいな事言ってんの!無理っ!』と一蹴されてしまいました・・・-_-;)

やっぱ運動か?
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/690-b5458f8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック