FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

ロンクルア市場1

そしてロンクルア市場です。ロンクルア市場とは、バンコクではありません。バンコクから真東に250Kmくらいのカンボジア国境の街、アランヤプラテートにある巨大市場です。市場の出口から、タイの出国口まではわずか100m程度。本当に国境に接した市場です。ここも総合市場で、生鮮品から衣料品、生活家具などなど、何でもあります。その意味では、バンコクのウィークエンドマーケット(チャトチャック、JJ)に近いものがあります。違いは、ロンクルアにはあまりおみやげ物の類が無いこと、そして圧倒的な量の古着があること。ここは、知る人ぞ知る、アジアにおける古着の集積地なのです。

なぜ、こんな辺鄙な街に古着が集まるのか?定かではないのですが、一説によると、その昔、戦後のカンボジアに米国から大量に供与された古着が、タイに横流しされ、この街に集まったとの事。今では、各国がカンボジアに古着の供与などしていませんが、当時出来上がった商業ルートに乗って、今でもこの街に古着が集まっているらしいのです。ま、あさもありなんな話ではあります。

P1030544.jpg
ロンクルア市場入り口のゲート。

ウィークエンドマーケット同様、広大です。全体を1日で見て回るのは到底不可能。また、ウィークエンドマーケットは、狭い場所に小さな店がひしめき合っているのですが、ロンクルアは、通路も広く実に広々しています。だから歩くと、ウィークエンドマーケット以上に疲れる。

P1030560.jpg
市場は、こういったオープンな場所と、

P1030553.jpg
こんな感じのアーケード街に分かれます。いずれにしても広々、そして全体として広大です。

良い古着のリーバイス無いかなぁ・・・なんて思ってやって来たのですが・・・広大な市場をわずか10分歩いただけで、何かイヤ~な予感がしました。

P1030548.jpg
古靴屋。

P1030547.jpg
古シャツ屋。店頭で仕分けしてんです。

P1030559.jpg
アイロン屋。青い巨大なビニール袋には、古着が詰まってるんです。それを乱雑に引っ張り出して、せっせとアイロンかけ。

ココってね・・・
P1030546.jpg
こんな巨大な袋にぎゅうぎゅうの古着が店頭にポン!

こりゃ、個人で来るとこじゃねーかもなぁ・・・という気が強くします。

でも、ジーンズ屋発見!
P1030556.jpg

でもね・・・
P1030555.jpg
店内には、透明ビニールにぎゅうぎゅうに詰められた古着ジーンズが。

無理!1日かかっても全部見切れんわ・・・。この時点で戦意喪失。って言うかね、ここは、個人がやって来て1本のジーンズを探すとこじゃないんですよ。おそらくは、業者がこのパックごと買って行くんですよ、たぶん。まいったなぁ・・・しかしせっかく来たから、1本くらい買って帰りたいよねぇ・・・。そんなことを思いつつ市場を歩くこと4時間。結果上の写真のようなジーンズ屋を何十軒も発見。こりゃ、手に負えんなぁ・・・初めてココを訪れた時、そう思いました。

ある日、ジーンズ屋の店頭で、ちょっと面白いものを見ました。
P1030557.jpg
赤いレジ袋には、これまたぎゅうぎゅうに詰まったリーバイスの紙パッチ。古着から引っぺがした物ですね。このパッチが何に使われるのか?を考えるのは、ここで(バンコクでも?)古着のリーバイスを買う上で非常に有益でしょう。
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/715-6f533601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック