FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

気が付いたら、ひつじ@@さんのブログで、『じゃぁ何?グルメ滞在記?』と書かれてしまっていた-_-;)

IMG_0278.jpg
ある休日、フラッと昼食に入ったレストラン『Air Plane』。イタリア料理&タイ料理という店。

IMG_0275.jpg
サーモンのペペロンチノ。サーモンは正直あまり好きではないのだけど、ペペロンチノはたまに食べたくなります。残念ながらコレ、パスタ自体が茹で過ぎでダメダメでした。

そういえば先日、イタリア人の同僚との話。彼女は年末年始、イタリアに帰国していたのですが、自分の国で飲んだエスプレッソやカプチーノの味に感激したんだと。同時に、“今まで私がバンコクで飲んでいたコーヒーって一体何だったの!? あんなマズイコーヒーの味に慣れてしまった私って・・・”と大ショックだったそうな。このパスタもたぶん、イタリア人が食べたら「なんじゃ、こりゃ!?」と突っ込みたくなるような味なんでしょうな。でも私は、タイにいると、妙にオリーブオイルで炒めたガーリックとバジルの風味が恋しくなるんです。だからもしかしたら・・・また食べに来るかも。290バーツ(約808円)。

IMG_0274.jpg
パッタイ。パッタイとはどんなガイドブックにも出てくるタイの最も基本的な料理の1つ。タイ風焼きそば。でもこれにはちょっとビックリ! 開いた巨大なオニテナガエビが1匹丸ごと皿に乗ってるんです。右上に長い“手”がちょこっと見えてますね。で、その上に麺と卵と結構な量のエビの身。味はまぁまぁ、悪くないけどまぁまぁ。

オニテナガエビについてはこちらに書きましたが、やっぱりイマイチなんです。知らずに食べると「ほぉ、エビですな」で終わってしまうんですが、クルマエビやブラックタイガーの味を期待するとかなりがっかりです。現時点では、やはりこのエビは「美味くない」と結論付けざるをえません。また、このパッタイのオニテナガエビは、火の通し方が非常に浅い。これも火を通しすぎると極端にマズくなる、という以前の結論を再認識。これはもう食べないかな。何せ値段が490バーツ(約1,364円)だったし。

どうも、近くにもっと美味しいイタリア料理屋があるらしいんで、そのうち探してみましょう。

#まぁ~、普段の生活で写真撮ってるとどうしても食べ物の写真が多くなるじゃん!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/75-3aa17e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック