FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

このブログでは、バンコクにおいていろんなモノを修理に出した事を何度か書きました。修理に成功した物と、失敗したものがあります。失敗の典型が何日か前に書いた時計のオーバーホール(OH)。成功したものの典型は、コレですが、もう1つ成功例を挙げておきましょう。

以下のジーンズは、いずれも自分でリジッド(糊付きの新品)から履き込んだ後、2004年頃?には、私がデブって履けなくなったために、実家のたんすに眠っていた物。

1)米国製501XXC、1998年購入
DSC_0202.jpg
最近、再び履きだして皮パッチが剥げちゃいました!何かに引っ掛けたのかなぁ・・・。

2)米国製551ZXX、1998年購入
DSC_0105_20110821185827.jpg
私はね、右お尻ポケットにハンカチを入れるんで、この部分が一番擦れるんです。結果、この部分が最初に生地が薄くなって破れる。

3)日本製702XX、1990年代中ごろ購入
DSC_0099.jpg
ホラね?やっぱり右お尻が破れる。このジーンズは、私が、最初に買ったリーバイス社製レプリカ。551ZXXやシンチ付きの501は、何本も履き潰したんだけど、702XXを買ったのは、この1本だけ。なぜなら買った後で、こんなシンチバックありえない!、ってのに気が付いたから。思えば、この702XXを原点として、以後は551ZXXとシンチ付きの501ばかり買ってました。

4)日本製501XX、2001年購入
DSC_0336.jpg
今のところ、私が最後に買ったリーバイス社製レプリカ。
コレって、縫製糸に綿糸使ってるんですかね?ポケット上が破れる前に、ポケットふちとバックヨークがほつれてしまいました。

これらをね、バンコクの市場でミシンを構えているおばちゃんとこに持っていくんです。結果・・・・、

DSC_0573.jpg
1)米国製501XXC、もうがっちりパッチを縫い付けてもらいました。

DSC_0574.jpg
2)米国製551ZXX、ポケット上の叩き跡、よ~く見たら分かりますよね?

DSC_0575.jpg
3)日本製702XX、こちらも、よ~く見たら、分かるという程度。肉眼だともっと分かりにくいです。

驚いたのはコレ、
DSC_0576.jpg
4)日本製501XX、パッと見、修理跡は全く分からない。

日本のビンテージジーンズ専門店に修理に出したら、どんな修理されるのか知らないけど、オレ的にはこれで十分満足。いずれも、修理代は、数十バーツ。これでまたしばらくは履けそうだね。おばちゃん、ありがとう!
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/759-44fbf7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック