FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

過去何度か書いた気がするレストラン「ソーンブーン」です。日本のガイドブックには必ず出てます。小泉元総理が来た事でも有名。バンコク市内に何軒かの支店があります。
IMG_0337.jpg
ここは本店。場所柄、スラウォン支店は行列になることもあるみたいですが、本店で待ったことはありません。ただ、どの店もお客さんがいっぱいなのは確かです。各メニューにS,M,Lのサイズがあるのも嬉しいですね。

この日食べたのは・・・
IMG_0334.jpg
空芯菜の炒め物、Sサイズ。これはもうどこのレストランでもお約束。これが嫌いという日本人は少ないはず。私も大好きです。

IMG_0335.jpg
ソンブーン名物カニカレー炒め、Sサイズ。観光客は、これを目当てにソンブーンに来るんだと思います。カニカレーというのは、今やシーフード系タイ料理屋に行くと、どこでもメニューにあるのですが、ソンブーンが考案したメニューなんだそうです。カレーといっても、インドや日本のカレーとは違います。しいて言うなら、「カニの身の卵とじカレー風味」。これも、間違いなく美味いですね。ただ、レストランによっていろんな味がありますから、ソンブーンの物が一番美味いかというと、どうだろう? 時間があれば、ぜひ他の店のカニカレーも試してみると良いと思います。それから、カニカレーを頼む時は、必ず「殻無し」を。殻付きの食べにくさには閉口です。殻付きの方が美味しいなんて人もいるのですが、楽しく食べられる方を優先しますね、私なら。それにカニ自体の美味しさを楽しみたいなら、ただの蒸しが一番だし。

IMG_0336.jpg
スズキの塩焼き。これはS, M, Lといった区別が無く1サイズ。タイの塩焼きは、お腹の中にいろんな香草を詰めて焼きます。臭みをとるためでしょうか。でもあんまり必要ないんじゃないかなぁ・・・? 新鮮なスズキをただ焼いただけですから、間違いなく美味い。

この日は、これにイカの丸焼き、デザート2品、ビール3本を頼んだのですが、約1,600バーツ(約4,536円)でした。3人だったので、1人500バーツ(約1,361円)ちょっと。ソンブーンは、もちろん美味しいというのもあるんだけど、お値段がリーズナブル、というのも大きな魅力ですね。

お店のウェブサイトはこちら↓
http://www.somboonseafood.com/
関連記事
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
https://ncc1305e.blog.fc2.com/tb.php/89-6e2f7360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック