FC2ブログ
2009年11月5日、バンコクに赴任しました。2011年9月1日、東京に戻りました。2013年10月1日、福岡に移住しました。
2020/031234567891011121314151617181920212223242526272829302020/05

ウォンリー(Ngwanlee)レストラン。もう5~6回行ったかな?。創業50年以上という老舗です。中華系タイ料理。ソンブーンと違って、お客さんは地元の人ばかり。ソンブーンにしてもそうなんですが、シーフード系レストランって、中華系タイ料理屋が多いんですよね。純粋なタイ料理シーフード屋ってあるんだろうか?
IMG_0356.jpg
外から見るといかにも中華系。でもこの店は、中華の影響もあるタイ料理、といった感じだと思います。

PC190106.jpg
店内はこんな感じ。ソンブーンと違って高級感は一切なし。いかにもローカルな感じが良いでしょ?写真では分かりませんがオープンエアです。って言うか、天井が無いだけと言った方が良いのかも^_^;)

IMG_0281.jpg
生のエビにニンニクたっぷりのタイ風ソースをかけたのも。これが実に美味い。行ったら必ず注文します。

IMG_0282.jpg
「豆腐の醤油煮」。なぜかこんな物もあります。

IMG_0283.jpg
干しエビのあえ物サラダ。これは完全にタイかな?中華の要素はほどんど感じません。かなり辛いので、食べられない日本人も多いはず。

PC190104.jpg
イカのニンニク炒め。ニンニクが効いていて実に美味い。

PC190108.jpg
ハイガイのタイ風サラダ。これも完全にタイでしょう。タイ風のドレッシングが美味い。パクチーの風味が実に合う。

この店でもカニカレーは食べたのですが、個人的にはソンブーンの物よりも好きです。ソンブーンの物に比べると、カレー風味が弱くカニの味が引き立ちます。また、油が少ないのも良いですね。シーフード好きにはお勧めの店。アパートから徒歩圏内なんで、毎日でも行きたいんですが、1人だと、ビールにせいぜい2品頼んだらもう食えない。シーフード屋は、1人だと行きづらいのが残念なところ。でも、これからも割と頻繁に行くんだろうな。

この店は日本語のメニューでひとしきり楽しめるのですが、またいつか。

店のウェブサイトはこちら↓
http://www.ngwanlee.com/index_en.html


以前108バーツの食べ放題を紹介したのですが、こちらは450バーツ(約1,225円)の食べ放題。写真手前にセブンイレブンがあって、その奥の店。考えてみたら、この店が私のアパートから一番近いレストラン。
IMG_0399.jpg
店の前にいっぱい人がいるでしょ。これは別にコンビニの前でたむろってるわけじゃないです。隣のレストランを順番待ちしてる人達なんです。大人気でしょ。毎晩こんな感じ。店は焼き肉で、2時間の時間制限らしいんだけど、それにしても毎日スゴイ人だかりです。そんなに美味しいんですかねぇ・・・あ、私は行った事ありません。肉はほどんど食わないもんで。

毎日、帰宅するのにここを通るのですが、見ていると若い人たちが多いんです。で、450バーツというとタイでは結構な額です。思うに、ここに並ぶ若者達は、お金持ちなんでしょうねぇ・・・。

並んでまで食うかなぁ・・・しかも肉を。日本人旅行者に一番有名なバンコクのレストランは、「ソンブーン」ではないかと思うのですが(小泉元首相や日本の皇室も行ってるみたい、店内に写真あり)、このレストランでもビール飲んでそこそこ食って500~600バーツくらい。

・・・・・・家から一番近いレストランなんですが、行く事はないかな?。
P1070164.jpg
電車のパヤ・タイ駅と戦勝記念塔駅のちょうど中間くらいにあるレストラン。タイ語の看板しかないんで名前は分かりません。ここ、108バーツの食べ放題タイスキ屋なんです。約294円。

IMG_0346.jpg
IMG_0238.jpg
とにかく食材の種類が豊富。お肉、シーフード、野菜、フルーツ・・・。タイスキ用の具材だけじゃなくて、お惣菜風の物もたくさん。

IMG_0341.jpg
こんなものまである。これは魚の塩焼き。川魚ではなく、白黒縦じまの海の魚。熱源はもちろん炭。

日本に比べれば、はるかに食費の安いバンコクですが、さすがにこの108バーツは驚きです。この店、テーブルが多分200以上あると思うのですが、いつ行ってもお客さんがいっぱい。
P1070177.jpg

ただ、ビールが70バーツ(約190円)くらいしたと思うんで、ビール2本飲んじゃうと、108超えちゃいます。大瓶1本70バーツってのは、タイではごく普通なんだけど、相対的にビールはかなり高価ですね。そのせいか、周り見渡すと・・・ビール飲んでるテーブルってほどんどないんだよね・・・。

気が付いたら、ひつじ@@さんのブログで、『じゃぁ何?グルメ滞在記?』と書かれてしまっていた-_-;)

IMG_0278.jpg
ある休日、フラッと昼食に入ったレストラン『Air Plane』。イタリア料理&タイ料理という店。

IMG_0275.jpg
サーモンのペペロンチノ。サーモンは正直あまり好きではないのだけど、ペペロンチノはたまに食べたくなります。残念ながらコレ、パスタ自体が茹で過ぎでダメダメでした。

そういえば先日、イタリア人の同僚との話。彼女は年末年始、イタリアに帰国していたのですが、自分の国で飲んだエスプレッソやカプチーノの味に感激したんだと。同時に、“今まで私がバンコクで飲んでいたコーヒーって一体何だったの!? あんなマズイコーヒーの味に慣れてしまった私って・・・”と大ショックだったそうな。このパスタもたぶん、イタリア人が食べたら「なんじゃ、こりゃ!?」と突っ込みたくなるような味なんでしょうな。でも私は、タイにいると、妙にオリーブオイルで炒めたガーリックとバジルの風味が恋しくなるんです。だからもしかしたら・・・また食べに来るかも。290バーツ(約808円)。

IMG_0274.jpg
パッタイ。パッタイとはどんなガイドブックにも出てくるタイの最も基本的な料理の1つ。タイ風焼きそば。でもこれにはちょっとビックリ! 開いた巨大なオニテナガエビが1匹丸ごと皿に乗ってるんです。右上に長い“手”がちょこっと見えてますね。で、その上に麺と卵と結構な量のエビの身。味はまぁまぁ、悪くないけどまぁまぁ。

オニテナガエビについてはこちらに書きましたが、やっぱりイマイチなんです。知らずに食べると「ほぉ、エビですな」で終わってしまうんですが、クルマエビやブラックタイガーの味を期待するとかなりがっかりです。現時点では、やはりこのエビは「美味くない」と結論付けざるをえません。また、このパッタイのオニテナガエビは、火の通し方が非常に浅い。これも火を通しすぎると極端にマズくなる、という以前の結論を再認識。これはもう食べないかな。何せ値段が490バーツ(約1,364円)だったし。

どうも、近くにもっと美味しいイタリア料理屋があるらしいんで、そのうち探してみましょう。

#まぁ~、普段の生活で写真撮ってるとどうしても食べ物の写真が多くなるじゃん!